ホーム > 暮らしのガイド > 税金 > 町・都民税の公的年金からの特別徴収

ここから本文です。

更新日:2018年12月26日

町・都民税の公的年金からの特別徴収

の制度は、年金受給者(納税義務者)が支払うべき町・都民税を年金支払者(特別徴収義務者)が年金から特別徴収し、奥多摩町に納める納税方法です。

お、公的年金等に係る所得以外の所得がある場合、その所得に係る町・都民税の税額は、給与から特別徴収される税額を除き、普通徴収により納めていただくことになります。

特別徴収の対象となる方

の1~3の全てに該当する方。但し、町・都民税の税額が公的年金等の額を超える方は対象となりません。

  1. 4月1日現在で年齢が65歳以上の公的年金受給者で、公的年金に係る所得に対する町・都民税の納税義務者
  2. 公的年金の年額が18万円以上ある方、ただし障害年金、遺族年金などの課税されない公的年金を除く
  3. 介護保険料が奥多摩町から公的年金で引き落とされている方

特別徴収の対象となる年金

・都民税の特別徴収となる年金は、国民年金、厚生年金、共済年金の老齢または退職を支給事由とする年金のうち、介護保険料が特別徴収されているものです。

害年金、遺族年金などの課税されない公的年金から特別徴収されることはありません。

公的年金からの特別徴収による納付方法

的年金から特別徴収する税額がある場合、例年6月上旬に「町民税・都民税納税通知書」を町から年金受給者(納税義務者)に送付しますので税額等をご確認ください。年金支払者(特別徴収義務者)は、年金給付を支払う際に税額を引き落とし、町に徴収した税額を納入します。

特別徴収初年度(新たに公的年金から特別徴収が始まる方の税額)

たに特別徴収の対象となった方は、年度の前半(6月・8月)は年税額の2分の1を普通徴収で納めていただき、残りの2分の1を年度の後半(10月・12月・翌年2月)から始まる公的年金から特別徴収で納めていただきます。

特別徴収初年度の方は、必ず年度の後半(10月の年金支給分)から特別徴収が始まります。

【公的年金からの特別徴収の例】

別徴収初年度の年度の町・都民税が12,000円の場合

1

年税額12,000円

普通徴収

年税額の2分の1

6,000円

年金特別徴収

年税額の2分の1

6,000円

6月 8月 10月 12月 翌年2月

年税額4分の1

3,000円

年税額4分の1

3,000円

年税額6分の1

2,000円

年税額6分の1

2,000円

年税額6分の1

2,000円

 

特別徴収2年目以降(前年度から引き続き、公的年金からの特別徴収が行われる方)

年度の「町民税・都民税納税通知書」により通知された仮徴収税額を4月から8月までの間に支払われる年金給付から引き落とします。この仮徴収税額は、前年10月から2月までに間に年金から特別徴収された額に相当する額です。公的年金に係る所得に対する町・都民税の税額から仮徴収税額を差し引いた額を10月から2月までの年金給付を支払う際に引き落とします。

2年目以降に行われる仮徴収については、新年度の年税額が確定する前にあらかじめ徴収する仕組みとなっています。新年度の税額決定において、仮徴収されていた金額が年税額を上回っていることが判明した際には、後日差額分の還付等の通知をお送りしますのであらかじめご了承ください。

【公的年金からの特別徴収の例】

特別徴収2年目以降の年度の町・都民税額が18,000円の場合

2

年税額18,000円

年金特別徴収(仮徴収)

前年度の2月分税額の3倍

6,000円

年金特別徴収(本徴収)

年税額-仮徴収税額=A

12,000円

4月 6月 8月 10月 12月 2月

前年度2月と

同額

2,000円

前年度2月と

同額

2,000円

前年度2月と

同額

2,000円

Aの3分の1

4,000円

Aの3分の1

4,000円

Aの3分の1

4,000円

例1における2月徴収税額を引継ぎます。

特定の事情により一度特別徴収が中止となった後、翌年度以降再度特別徴収の対象となる場合、その年は特別徴収初年度としてあらためて徴収税額の計算をします。

公的年金からの特別徴収が停止される場合

のような場合は、年度の途中で特別徴収が停止になります。特別徴収の停止によって引き落としできなかった税額は、普通徴収の方法により納めていただくことになります。

  • 奥多摩町から他区市町村へ転出や死亡した場合
  • 公的年金の所得に対する税額に変更があった場合
  • 公的年金の支給が停止された場合
  • 介護保険料が公的年金から引き落とされなくなった場合
  • その他、年金支払者から特別徴収できない旨の通知があった場合

 

お問い合わせ

住民課  

奥多摩町氷川215-6

電話番号:0428-83-2190

ファックス:0428-83-2344