ここから本文です。

更新日:2016年7月18日

大氷川獅子舞

地区名

大氷川

名称

奥多摩町指定無形民俗文化財氷川神社獅子舞

神社名

奥氷川神社

所在地

〒198-0212奥多摩町大氷川地内

祭礼日

8月第二日曜日とその前日

大氷川獅子舞の由来

始された年は不明ですが、寛政4年(1792年)以前であることは明白です。当時は4月17日と8月1日の両度の祭りがあり、4月は雹害よけ、8月は暴風防除のための祭りでした。現在は晴天の確立の高い8月の第二日曜日に行っていますが、それ以前は9月1日で獅子舞の威力で暴風雨を追い払おうとの趣旨で行われていました。獅子舞は元名主の家を座元として、道中笛によって神庭へ参入していましたので、現在でも旧名主屋敷地から神社に向かって出発します。ほら貝を先頭に神職、氏子総代、獅子舞の各役方のほか万灯や太鼓が加わり、氏子一同が続きます。道中から社地に参入した獅子舞連はまず「七度宮参り」を舞ながら社殿の周囲を七回めぐります。道中同様これに氏子たちが家内安全、無病息災、五穀豊穣を祈願して従います。

 

ohikawa

 

演目と予定時間第二日曜日)

予定開始時刻

演目

場所

備考

8時00分

道中 大氷川地内  

8時20分

宮参り 奥氷川神社境内  

9時10分

藤掛り 奥氷川神社境内  

9時50分

三拍子 奥氷川神社境内  

10時30分

すり違い 奥氷川神社境内  

11時10分

花掛り 奥氷川神社境内  

 

休憩    

12時30分

鞠掛り 奥氷川神社境内  

13時20分

竿掛り 奥氷川神社境内  

14時10分

女獅子隠し 奥氷川神社境内  

15時00分

布団張り 奥氷川神社境内  

19時00分

白刃 奥氷川神社境内  

 

交通

JR青梅線奥多摩駅下車徒歩3分

お問い合わせ

(教育委員会事務局)教育課水と緑のふれあい館係

電話番号:0428-86-2731