ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

日原獅子舞

地区名

日原

名称

奥多摩町指定無形民俗文化財石山神社獅子舞

神社名

一石山神社

所在地

〒198-0211多摩町日原地内

祭礼日

9月第一日曜日

日原獅子舞の由来

日原の獅子舞は一石山神社の祭典に村内の各社へ奉納され、もとは4月8日の春祭り、9月24日の秋祭りと年2回行われていました。獅子舞の由来等の詳細を伝える記録(巻物)は失われていますが、慶長17年(1612年)出羽国羽黒山から僧道栄が先達となって48本の梵天とともに獅子頭三つを持って渡来してから始まったと伝えられています。また、当時一石山が東叡山寛永寺に属し輪王寺宮の御所領であったため、獅子頭の水引には皇室の御紋である十六の菊と五七の桐の紋をつけることが差し許されています。

 

nipara

演目と予定時間

予定開始時刻

演目

場所

備考

9時10分

笹がかり 一石山神社境内  

9時40分

庭はき 一石山神社境内  

10時20分

まりがかり

秋葉神社

 

10時50分

剣がかり

山祇神社  

11時10分

幣がかり 熊野神社  

11時30分

庭はき・竿がかり 丹生神社  

13時10分

ひざおり(隠居のいれは)

清和旅館  

13時50分

お前のいれは 旧日原小学校校庭  

15時00分

まりがかり、竿がかり 旧日原小学校校庭  

15時40分

四本がかり 旧日原小学校校庭  

16時40分

上々吉(女獅子がくし) 旧日原小学校校庭  

 

交通

JR青梅線奥多摩駅より日原方面行バス東日原下車徒歩30分(神社)

旧日原小学校校庭は徒歩5分

お問い合わせ

(教育委員会事務局)教育課水と緑のふれあい館係

電話番号:0428-86-2731