ここから本文です。

更新日:2016年7月18日

小留浦獅子舞

地区名

小留浦

名称

東京都指定無形民俗文化財(民俗芸能)小留浦の獅子舞

神社名

小留浦山祇神社

所在地

〒198-0212多摩町常盤地内

祭礼日

8月第四日曜日

小留浦獅子舞の由来

西暦1245年に内裏(天皇御所)にて始められたと言われており、今から535年ほど前の1480年頃(室町時代)当地に伝えられました。近隣の獅子舞としては最も歴史が古く、東京地方の獅子舞の元祖と言われています。
当地より檜原村の藤倉・人里・小河内の原・河内・相模原の下九沢・上大島等々各地に伝えられており、秘伝書である「日本獅子舞由来」一巻を附けたりとして、平成21年3月16日に東京都指定無形民俗文化財(民俗芸能)に指定されました。

kotoura

演目と予定時間

予定開始時刻

演目

場所

備考

8時00分

宮参り 山祇神社境内 宮参りは神社で、以降は慈眼寺の舞庭で

10時25分

弊掛り 慈眼寺の舞庭  

11時20分

花掛り 慈眼寺の舞庭  

 

昼食

   

13時00分

笹掛り 慈眼寺の舞庭  

14時00分

竿掛り 慈眼寺の舞庭  

15時15分

女獅子隠し 慈眼寺の舞庭  

16時45分

白刃 慈眼寺の舞庭  

交通

JR青梅線奥多摩駅下車歩20分

JR青梅線奥多摩駅より奥多摩湖方面行バス小留浦下車徒歩3分

お問い合わせ

(教育委員会事務局)教育課水と緑のふれあい館係

電話番号:0428-86-2731