ここから本文です。

更新日:2016年7月19日

鹿島踊り

地区名

日指

名称

国指定無形民俗文化財鹿島踊

神社名

小河内神社(賀茂神社御霊社)

所在地

〒198-0225多摩町川野地内

祭礼日

9月第二日曜日

鹿島踊りの由来

鹿島踊は、普通鹿島大神を祀る神事の舞といわれるが小河内の場合、三番叟の歌詞に「鹿島踊をいざ踊る」とあることによるといわれ、踊所作と唄から江戸初期以前の女歌舞伎、鹿島踊、念仏踊の系流があるとされ、古い歌舞伎踊の遺風を伝える貴重な民俗芸能です。
の踊がいつ頃この地に伝わったものかは明らかではなく、京都から公卿の落人が岫沢に隠れ住んで教えたとも、また旅僧から教えられたものともいわれています。
は女装の男子6人(三番叟のとき烏帽子狩衣の男子が加わる)囃子方として笛2人、太鼓2人で行います。踊子は、振袖裾模様を着て瓔珞の冠をいただいて優雅に踊ります。


kashima

演目と予定時間

11時00分頃河内神社境内

14時00頃多摩水と緑のふれあい館ホール

演目

三番叟、まり踊、月は八万、コキリコ、浜が崎、さんころりん、小倉、かっこ、桜川、念仏、三拍子の11種類です。

交通

JR青梅線奥多摩駅下車浦方面行きバス小河内神社下車歩5分

お問い合わせ

(教育委員会事務局)教育課水と緑のふれあい館係

電話番号:0428-86-2731