ここから本文です。

更新日:2016年5月2日

保健事業

国民健康保険では、加入者(被保険者)皆様の健康維持・増進、病気の予防等のため保健事業を行っています。

病気になってしまうと、診療費や薬代等の経済的な負担だけでなく、通院の負担など生活にも影響が出てしまいます。特に、糖尿病や高血圧症、脂質異常症に代表される生活習慣病では、脳血管疾患などの大きな病気の発症リスクが高まることから、継続的な治療が必要となり、経済的にも生活にも大きな影響が出てしまいます。

ご自身の今の健康状態を把握し、健康の維持や改善に役立つよう保健事業を実施していますので、ぜひご利用ください。

特定健康診査・保健指導

・特定健康診査

国民健康保険加入者(被保険者)のうち、40歳から74歳までの方は、無料で健康診査を受診できます。対象となる方には、町からご案内を通知します。

・特定保健指導

特定健康診査受診者のうち、数値に異常が見つかった方を対象に、数値の改善を目標として保健指導を行います。対象となる方には、町からご案内を通知します。

特定健康診査・保健指導の詳細はこちらのページをご覧ください。

データヘルス計画

町国民健康保険では、医療機関での受診に基づくレセプトや健康診査のデータを分析し、国民健康保険加入者(被保険者)の健康維持増進のための計画として「データヘルス計画」を策定しました。

このデータヘルス計画では、レセプトや健康診査のデータ分析の結果、明確となった課題のうち、費用対効果も考慮したうえで、以下の保健事業を行うこととしました。これらの保健事業の対象となる方には、町からご案内を通知します。

【データヘルス計画】

【データヘルス計画において実施することとした保健事業】

1.特定保健指導事業

生活習慣病の予防、改善を目的として、生活習慣や数値が改善されるように保健師等の専門職による支援を行います。

2.糖尿病性腎症重症化予防事業

糖尿病が重症化し、人工透析に移行しないように、保健師等の専門職による支援を行います。

3.健診異常値放置者受診勧奨事業

特定健康診査受診後、結果に異常値があるものの、医療機関への受診が確認できない方に、受診勧奨を行います。

4.ジェネリック医薬品差額通知事業

ジェネリック医薬品へ切り替えることにより一定以上の薬剤費の軽減が見込まれる方へ、切り替えのご案内を行います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健課  

奥多摩町氷川1111

電話番号:0428-83-2777

ファックス:0428-83-2833