ホーム > よくある質問 > 暮らしのガイド > 税金 > 年の途中で家屋を取り壊したり建て替えたりしたとき、固定資産税はどうなりますか?

ここから本文です。

更新日:2015年2月23日

年の途中で家屋を取り壊したり建て替えたりしたとき、固定資産税はどうなりますか?

固定資産税は、毎年1月1日現在の固定資産(土地・家屋・償却資産)に課せられる税金です。

よって、年の途中で家屋を取り壊したり建て替えたりしても、固定資産税は、1月1日現在、登記簿などに所有者として登記または登録されている人に、その年度分を納めていただくことになります。

また、年の途中に完成する家屋は、翌年の1月1日現在の状況により、翌年度から課税されます。

関連情報

お問い合わせ

住民課  

奥多摩町氷川215-6

電話番号:0428-83-2190

ファックス:0428-83-2344